【リンの正体】は白狐、それとも人間!?「千と千尋の神隠し」の裏話

もはや知らない人はいないほどの大ヒット映画に育った、スタジオジブリの名作「千と千尋の神隠し」。

映画が大ヒットしたのはもちろん、再放送のロードショーでも高い人気をキープしていますよね。

千と千尋の神隠しの主人公、千尋が辿り着いた世界で出会う登場人物やキャラクターはどれも印象深いものばかりでした。

その中でも、千尋が仕事をすることになった油屋で指導役となる少女「リン」。彼女の正体については色々話題になっているのです。

勝気で少々怖い印象のある、千と千尋の神隠しのリン…その正体とは一体何者なのか?

スポンサーリンク

千と千尋の神隠しのリンとは?

まず千と千尋の神隠しに登場するリンについて、ここで一度おさらいしておきましょう。

リンとは、千と千尋の神隠しのメイン舞台となる温泉施設「油屋」で働くスタッフの一人。彼女は主に千尋の先輩役や指導者として登場していますね。

なかなか男勝りな性格で荒っぽい口調が特徴ですが、心は優しくたびたび千尋の助けとなる彼女。

千尋だけでなく、他の従業員にも同じくつっけんどんな態度を取りますが、そんなリンを可愛く思う従業員も少なくないみたいです。

設定では14歳くらいの少女とのことですが、化粧ノリも含めて年齢よりだいぶ大人っぽく感じますね…

油屋での働きぶりはテキパキとしていて上々ですが、リンとしては置かれた環境を嫌っており、本当はもっと華やかで楽しい生活がしたいと明かすこともしばしば。

ちなみに油屋で働くスタッフはカエルやナメクジなど、もともと人間ではない生き物がほとんど。リン自身も最初は千尋を見て「人間がここにいたらまずい」と当惑する始末でした。

ということはリンも「人間ではない」のかもしれませんが、そうであれば「リンの正体」とは何なのでしょう?

 

リンの正体は「白狐」?ジブリの絵コンテから分かること

リンの正体については未だにファンの間で議論が交わされますが、一番の有力説は「白狐」とのこと。

それは巷で公開された、千と千尋の神隠しの「ラフ画」から分かったそうです。

スポンサーリンク

リンを描いたとされる絵コンテの横に「白狐」と書かれており、リンは「白狐が人間に化けたものではないか」と言われているのです。

アニメなどでよく見る狐が人間に化けた姿は、何となく面長の印象が強いですよね。リンの顔もどちらかと言えば面長で細く、顔つきもキツめなので何となく想像がつく感じがします。

狐は古代の数々の書物で人間に化けた姿で登場するため、千と千尋の神隠しにもそんな着想があったのかもしれません。

ちなみに狐も古くから神様として人間に崇められてきた存在で、中でも白狐はちょっと位が高いそうですよ。

 

リンの正体は「イタチ」という説もある

先述の通り、千と千尋の神隠しの絵コンテにははっきり「白狐」と明記されていました。

なのでリンの真の正体は白狐だと区切ってしまいたいものですが、実はそうもいかないようで…

なぜならリンの正体は、白狐ではなく「イタチ」だとする憶測もあるからなのです。

インタビューで宮崎駿氏が語った内容によると、「リンはイタチが人間に化けたキャラにしようと思った」とのこと。

絵コンテには「白狐」と書かれてあっただけに、前後関係が把握できないと白狐かイタチなのか分かりづらいですね。

しかし、こんな風にアニメファンを軽く混乱に陥れるあたりもスタジオジブリらしさを感じます。

 

ナメクジ説や人間説も…リンの本当の正体とは

そうかと思えば、リンの正体は他にナメクジや人間だと言った説まで…

ナメクジ説に関しては、油屋で働く女性スタッフの正体は「ナメクジがほとんど」だという点から来ています。

さらに男性はカエル、女性はナメクジという感じだったので、リンの正体もナメクジではないかと言われているのです。

かと思えば、千と千尋の神隠しの映画パンフレットにははっきり「人間」と記載されてあったりもするので、リンの正体は本当に謎でいっぱいですね…

千と千尋の神隠しの中で人気キャラでありながら、その正体が曖昧すぎるリン。とは言え、姉御肌で面倒見の良い一面もあり、こんな先輩の下で働きたい人も少なくなさそうです。

次に千と千尋の神隠しを観るときは、ぜひリンの正体を色々考えながら楽しむのもいいでしょう。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ