【保存版】ディズニーキャストの裏話まとめ!

ディズニーランドの魅力と言えばやっぱりアトラクションやディズニーキャラクター、ショーやパレードなどが挙げられます。

でもコアなディズニーファンは、ディズニーで働く「キャスト」にも魅力を感じてしまうもの…

そこで今回は、ディズニーファンなら知りたくなるディズニーキャストの裏話についてご紹介します。

スポンサーリンク

ディズニーキャストの「衣装」は場所によって異なる

裏話によると、ディズニーランドには2万人ほどのディズニーキャストが働いているそうです。

ディズニーキャストが身につけている衣装はどれもとても素敵ですが、各施設で同じものはないのだとか。

アトラクションやショップ、レストラン、または迷子センターや救護室など施設ごとに異なる衣装があるとのことです。

そのほかにも「カストーディアル」と呼ばれる清掃員の衣装もあって、ディズニーのこだわりには感心するばかりですね。

 

人気者のディズニーキャスト、カストーディアルの裏話

ディズニーランドでよく見かける清掃員「カストーディアル」。

巧みな手さばきでゴミを拾い集め、チャーミングな振る舞いでゲストを楽しませてくれますよね。

カストーディアルはディズニーキャストの中で最もゲストからの人気が高く、動画サイトに投稿までされているのだとか。

カストーディアルにも色々と階級があり、それによって衣装が違ってくるようですよ。

ちなみにディズニーシーにはカストーディアルはいないとのことです。

スポンサーリンク

ディズニーキャストの時給は?

ゲストの憧れであるディズニーキャストは、ほとんどがアルバイトとして雇用されています。

その時給は1,000円ほどで普通のアルバイトと同じくらいですが、皆さんとても楽しそうに仕事をしているのが印象的ですね。

また、一番時給の高いディズニーキャストはナースキャストで、時給は1,450円とのこと。

正社員になると年収800万円近くもらえるそうですよ。

ディズニー公式サイト はこちら

 

とっさのハプニングにも臨機応変に応対!ディズニーキャストのすごい裏話

「夢と魔法の王国」のコンセプトのもと、ゲストを楽しませるために場内管理を徹底しているディズニーランド。そんな中でも、やはり「ハプニング」は起こってしまうもの…

しかし、そこで慌てないのがディズニーキャストです。とっさの機転でファンを楽しませるその姿勢が素晴らしいと話題になり、数々の裏話が寄せられています。

ある時、アドベンチャーランドにある水上アトラクション「ジャングルクルーズ」の船に問題が発見され、しばらくの間は運行が難しいと判断されたそうです。

ここで並んだゲストを待たせてしまうと判断したディズニーキャストは、ある秘策を打ち出しました。

それは、アトラクションが運転再開されるまでの間、ゲストと一緒にディズニーに関するクイズゲームを行うというもの。

その結果、ファンをしっかりと楽しませ、待ち時間のストレスも軽減したとゲストから大絶賛されたのです。

ディズニーランドではそこで働くキャストを叱って教えるのではなく、褒めて能力を伸ばすようにと教えられます。

そんな教育方針があってこそ、ノビノビとした心で機転を利かせられるのでしょう。

 

ミッキーと会えなかった子供にとった、ディズニーキャストの粋な計らい

家族連れでディズニーに行くと、小さなお子さんはディズニーキャラクターに会いたがるもの。

でも悲しいことに、希望するキャラクターに会えなくてガッカリした経験を持つ人も少なくないでしょう。

ある家族の小さな女の子がミッキーマウスと一緒に写真を撮りたかったものの、残念ながら叶わなかったそうで…

この家族はディズニーホテルに泊まる予定で、その女の子はホテルのエントランスでもミッキーと写真が撮れなかったと泣いてしまいました。

しかし、この家族がホテルの部屋についた時…なんとベッドに女の子へのサプライズプレゼントが置いてあったのです!

中にはミッキーのぬいぐるみと、さらに「今日は会えなくてごめんね」とミッキーからの手紙が入っていたとのこと。

女の子の気持ちを汲み取り、とっさにサプライズプレゼントを用意するディズニーキャストの思いやり…ただただ頭が下がります。

こうした裏話を聞いていると、夢と魔法を楽しませてくれるディズニーランドはディズニーキャストがいてこそ成り立つものだと分かりますね。

是非インパークして、さらなる裏話を見つけて楽しんで下さい。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ