【裏技バグ】「ぼくのなつやすみ」で8月32日にいく方法

皆さんは、夏の思い出を追体験する事が出来る「ぼくのなつやすみ」というゲームをご存知でしょうか?主人公の「ボクくん」となり、ラジオ体操や昆虫採集、さらには魚釣りや洞窟体験など…

夏休みの1ヶ月間を「山奥の田舎」で過ごすという、30代〜40代をターゲットにした癒し系ゲームになります。

そんな、誰しもが持つ懐かしい夏休みの記憶をゲームとして味わえる「ぼくのなつやすみ」ですが…このゲームには都市伝説にもなっている「とあるバグ」が存在するのです。

今回はこの恐るべき「ぼくのなつやすみ」にまつわる、8月32日のバグについて紹介しましょう。

スポンサーリンク

「ぼくのなつやすみ」は1ヶ月では終わらない…

このゲームではあなたが「ボクくん」として1ヶ月間、昔ならではの夏休みを田舎で体験できます。

しかしあるコマンド入力をすると、その1ヶ月間が終わっても夏休みが終わらないバグが報告されているのです。

そのバグ内容があまりにも恐ろしい事から「ゲーム史上、もっとも後味の悪いバグ」とも囁かれているようで…

いまやプレイヤーの間では都市伝説と化しています。その一部始終はニコニコ動画やYOUTUBE等でも配信されていて、これを見た「ぼくなつファン」に大きな衝撃を与えました。

では、この「8月32日」のバグ。実際に起こるとどうなってしまうのか?

 

数々の怪現象が起こる「ぼくのなつやすみ」のバグ

バグ」と言っても、他ゲームを含めて様々なバグが存在するのですが…この「ぼくのなつやすみ」のバグ、他とは一味違ってプレイヤーに「恐怖」を与えるものでした。

では、そのバグが発生するとどうなるのか?

・家から「ボクくん」以外の人間が消えてしまう

・誰もいないはずなのに声が聞こえる

・キャラクターグラフィックがおかしくなる

・下半身の無いおじさんが浮遊している

…と、これだけでもかなりホラーな内容です。

通常、セミの鳴き声が鳴り響いているのですが、それも聞こえなくなります。さらには記録に使用する絵日記の内容さえ、日を進めるにつれて徐々に支離滅裂になっていくのです。

ちなみにこの怪現象。日数を33、34日と進める事でさらにヒドくなっていきます。そして最後にはフリーズしてしまうんだとか…

では、なぜこの恐ろしいバグが発生するに至ったのか?そこには「ぼくのなつやすみ」特有のゲームシステムが大きく関わっていたのです…

スポンサーリンク

「ぼくのなつやすみ」8月32日のバグはなぜ起こる?

この8月32日のバグを受けて、実は「ぼくのなつやすみ」の生みの親とも言えるミレニアムキッチン代表の綾部和氏がSNSでこんな呟きをしていました。

綾部氏いわく「このバグが発見されたのは発売後、2年ほど経過した時だった。正直言うと、このバグの内容を知った瞬間”なんて素敵なバグなんだ!”と感動してしまった」とか…

普段「ぼくのなつやすみ」をセーブする際、ご存知の通り絵日記画面を開いて左上にある電気スタンドのアイコンに進むと思います。

ここで決定ボタンを押し、絵日記を書く事で次の日に行けますから。そして夜以外は、そのグラフィックが表示されていないこともご存知かと思います。

が、まさかそこにカーソルを移動させる事が出来て、さらに「決定ボタンを押せるバグ」が潜んでいたなんて…誰も気付かなかったみたいです。

ここまでだと「就寝せずに次の日に行ける」という裏技になります。それだけでも十分なバグ技ですが…

さらなる問題は、クリア後のデータである「思い出」から「8月31日の絵日記」でも同じ事が出来てしまった事。

クリア日付が8月31日ということで、次の日(32日)にも進めてしまうという状況を綾部氏は夢にも思わなかったそう…

(で、ですよね。)

本来であれば32日以降に行けたとしても、そもそもデータが存在しません。この時点で普通のゲームならとっくにフリーズするかと…

そう、「ぼくのなつやすみ」はそんな常識を奇しくも覆してしまったのです。

これに関して綾部氏は「”ぼくのなつやすみ”はプログラミングが秀逸過ぎたのと、ドライバーが頑丈なのでデータが存在しない日時に入っても稼働し続けていた」

…と感心しきりだった様子。それ故、データが存在せず破損しながら動いていたからこそ、日を進めるうちにグラフィックが「ホラー化していった」と言うわけです。

つまりこの「ホラー」なバグ…優秀なプログラミングと強固なドライバーの上で奇しくも成り立っていたものでした。

それにしても製作者である綾部氏の予想を遥かに超え、今となっては別の意味でも有名になった「ぼくのなつやすみ」。

ここまで聞くと実際に、そのバグをやってみたくなりませんか?と言うわけで、次に「8月32日」のバグ発動方法をご紹介していきます。

 

「8月32日」にいく方法

まず、発動にあたる注意点からご説明します。このバグはPS版の「ぼくのなつやすみ」でのみ発動可能です。

PSP版「ぼくのなつやすみ」ではバグが消えてしまったため、行えません。一度クリアしてクリア済みのデータを使用します。

以上を踏まえた上で、早速見ていきましょう。

・最初にタイトル画面で「夏休みの思い出」を選ぶ

・次にクリア済みのデータをロードし、絵日記を確認

・「もどる」にカーソルを移して上を押します。すると、何も無い場所にカーソルが進む

・選択肢が出るので「はい」を選ぶ

これで恐怖の「8月32日」に突入します。夏休みの恐怖を最後までお楽しみください。

 

8月32日のバグが怖い理由

「ぼくのなつやすみ」自体がとても面白いゲームだけに、クリア後のある種「オマケ」のようにすら思えてしまう8月32日のバグ…

夏と言えばホラーなので、夏の思い出と一緒にホラー体験まで楽しめてしまうお得なゲームと言ったところでしょうか。

他ゲームでも様々なバグがある中で「ぼくのなつやすみ」のバグが怖い理由…それは、私たちが誰しも経験する「夏休み」をテーマとしたゲームだからでしょう。

今回のバグが引き立って噂された原因はココにあるかと思います。

あなたにも是非「ぼくのなつやすみ」をプレイして頂き、自身の夏休みの思い出を思い返しつつ、このバグも一緒に楽しんでみてください!

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ