【閲覧注意】未解決事件って何!?ディズニーの知られざる都市伝説

誰もが日常を忘れ、思い切り楽しめるディズニーランド

そんなディズニーの世界を満喫している中、園内で良からぬ事件が頻発しているという都市伝説があります。

それも未解決で済まされてしまうとの噂…

そこで今回は、ディズニーの「未解決事件」とその背景にまつわる都市伝説をお話しします。

スポンサーリンク

ディズニーで万引きをしても捕まらない!?

よく噂になるのが、ディズニーパーク内のショップで「万引きをしても捕まらない」という都市伝説。

仮に本当だとするとディズニーは万引きの温床になってしまいそうですが…

実はこれ、ディズニーが「夢の国」であり続けたいという強い想いから来ていたのです。

お客様であるゲストに日頃の現実を忘れてもらい、夢の世界を心から楽しんでもらうために「汚いところ」は一切見せたくないとのこと。

ショップで万引きが発覚しても、その場で当事者を捕まえたり警備員で囲んだりなど…物騒な光景を見せないようにしていたそう。

しかしこれが契機となって、ディズニーでは解決されないまま、うやむやにされる「未解決事件」が多発しているという都市伝説が生まれたのです。

 

未解決事件の犯人はどうなった?

とは言え、当然ディズニー側も甘くはありません。

パーク内で未解決事件の当事者を取り押さえることはないものの、出た後に素早く捕まえるようにしているのだそう。

スポンサーリンク

では何故、そんなことが可能なのでしょうか?それはディズニーキャストの観察眼と連絡手段の緻密さにあると言えます。

彼らは常にゲストたちの行動を細かくチェックしており、どんな不審な行動も見逃しません。

一旦そのようなことが発覚すると、その人物はパーク内のキャスト全員からマークされ、パークを出るまでずっと監視、尾行され続けるのだそう。

そしてパークを出ると、この当事者を監視していたキャストたちがやってきて「夢の世界はこれで終わりです」と告げるのです。

その後、ディズニー独自の取調室に連れて行かれ、話の内容次第ではそのまま警察に引き渡されるとのこと。

悪事は必ずバレるという良い教訓ですね。

ディズニーは「夢の国」として素直に楽しむに越したことはありません。

 

浦安市の都市伝説!未解決事件で治安が悪化?

現在では万全なセキュリティシステムのもと、ゲストが安心安全に過ごせるディズニー。

ですが…それは今の話。かつては浦安市の風紀を乱していると心配されるほど、未解決事件が頻発していたらしいですよ。

都市伝説によると、浦安市で最も未解決事件が起きやすい場所としてディズニーランドが挙げられていたほど。

当初のディズニーはパークで万引きなどが発覚しても警察へは届け出ず、キャストが注意だけして自宅に帰らせていたらしいです。

そのため、大半の出来事は未解決事件に終わり、ディズニーが市の治安を悪くしているとまで囁かれました。

これを受け、運営会社であるオリエンタルランドは方針を一変。千葉警察の指導を受けつつ現在のセキュリティシステムを導入したようです。

表立って物騒なシーンを見せたがらないディズニーですが、キャストによってしっかり管理されているそう。

未解決事件が増えているという都市伝説が広まった原因。

それは、ディズニーが「夢の国であり続けよう!」という決意の結果とも言えるでしょう。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ