これで安心!タワーオブテラーの怖くない乗り方や都市伝説を紹介

ディズニーシーの中で最もスリリングなアトラクションだとされる「タワーオブテラー」。

これに乗ってしまうと、ほかの絶叫系アトラクションが怖くなくなってしまう程だとか…

そんな恐怖のタワーオブテラー。

今回は背筋が凍る都市伝説と一緒に、デート対策として怖くない乗り方も伝授しましょう!

スポンサーリンク

都市伝説じゃなかった…タワーオブテラーの真実

その前に、タワーオブテラーの設定についてはご存知ですか?

これは実業家ハイタワー三世がアフリカにて呪いの像「シリキ・ウトゥンドゥ」を現地の住民から略奪して自分のホテルに飾るも、その像の呪いにかかって行方不明になるという話。

アトラクション内のセットにもそうしたストーリーを説明する蓄音機の音源があり、専用のVTRも動画サイトに挙げられています。

ちなみに、これは作り話ではなく実話だと言った声がちらほらあります。

「ただの都市伝説でしょ?」なんて声もありますが、ストーリーがあまりに緻密なのでそう思えても仕方ないでしょう。

公式にはアメリカのドラマ「トワイライトゾーン」から着想を得たアトラクションとされているそうですが、このドラマ自体は実話がベースとなっています。

そう考えると、タワーオブテラーは間接的には実話であると言えそうですね。

 

タワーオブテラーに幽霊が出る都市伝説はホント!?

お化け屋敷と絶叫アトラクションがセットになったような「タワーオブテラー」。

そんなディズニーシーの目玉アトラクション内に、幽霊が出るという報告や都市伝説が常時集まっています。

エレベーターが落下する前、ゲストたちは鏡に映った自分自身を見ることができますが、霊感の強い人には見えるモノがあるのだそう…

それは長い髪の女性だったりハイタワー三世であったり、人によって様々とのこと。

 

タワーオブテラーでは行方不明者も…

ここは偶像を略奪したハイタワー三世が行方不明になったと言うモチーフで作られていますが、実際に建物の中で本当に行方が分からなくなった人がいるとの都市伝説も存在します。

タワーオブテラーはディズニーシーの中でも一、二を争う人気アトラクションなので、いつも長蛇の列に並ばなければいけません。

長い待ち時間で退屈になってしまい、ふらふらと館内を歩きたくなるゲストがいても不思議じゃありませんよね。

そんな中、本当に館内を散策したゲストがいてその後、彼らの行方が分からないのだとか。

館内を歩き回る誘惑に負けないよう、ファストパスを取って待ち時間を短くするのが得策ですね…

スポンサーリンク

ホテルハイタワーと「クリスタルスカル」

タワーオブテラーの舞台となる「ホテルハイタワー」。

建造物としての芸術性や斬新性への評価はもちろん、ハイタワー三世が世界中から集めた、または略奪した骨董品や芸術品のコレクションが有名で「シリキ・ウトゥンドゥ」もその中の一つです。

実は、そのコレクションの中にクリスタルスカルもいるみたいですよ。

クリスタルスカルとは、ディズニーシー・ロストリバーデルタにある「インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの魔宮」に登場する偶像です。

都市伝説かと思いきや、本当に見つけたと写真を撮るゲストもいます。

ディズニーシー内でのまさかのコラボ!さすがはディズニーですね。

 

タワーオブテラーは最後列が一番怖い!?

エレベーターが高速で落下するのはもちろんのこと、実は座る位置によって怖さが左右されるのでヒヤヒヤしながらやってくるゲストは多いもの。

一番怖いのが最後列で、割と余裕なのは最前列になります。

ディズニーシーに行くたびに毎回同じ位置に座らされることもあるとか…

 

もう怖くない!タワーオブテラーをカッコ良く乗りこなす方法

そんなディズニーシー最恐のタワーオブテラー。実際に乗ってしまえばもう後悔しかないですよね。

あまりのスリルに乗るのを泣く泣く諦めるゲストも決して少なくありません。

ですが、怖さを和らげる乗り方というのが存在します。

これは怖さのあまりパニック状態になったゲストに、キャストが教えた方法なんだとか。

その乗り方はとっても簡単!背中を背もたれにピッタリと付けて真正面を向くだけ。

下を向いたり、上半身を横に傾けたりするゲストが多いのですが、これだとかえって怖さが倍増してしまいます。

スリリングなライドも楽しいけど、少しでも楽に乗りたい!

彼女の前でカッコ悪い姿を見せたくない…

そんな時はこの怖くない乗り方を試してみてはどうでしょうか。

実感しにくい場合は多少スピードが違うものの、まずは普通のエレベーターなどでこっそり試してみるのもアリです。

乗るだけでなくストーリーや都市伝説まで怖い、ディズニーシーを代表する「タワーオブテラー」。

とは言っても、窓から見えるディズニーシーの景色は絶景モノ。

夜は最高に美しいので、余裕がある人は試してみれば特別な思い出になること間違いナシです。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ