これは知らなきゃ損!【マリオブラザーズ】の都市伝説8つ

任天堂を背負う人気キャラクターの「マリオ」。

もはや世界で最も著名なゲームキャラクターと言っても過言ではありません。

しかし、そんな有名人「マリオ」に隠された都市伝説を知らない人は多いもの…

今回はゲーム界の著名人でありながら、面白い都市伝説も多い彼の知られざる都市伝説をご紹介します。

スポンサーリンク

「マリオの本名」がすごい!名前の由来とは?

そう言えば、マリオの本名って聞いた事ないですよね!実は彼の本名は「マリオ・マリオ」なんだそう。

前田・前田みたく芸名っぽいですね(笑)

ということは、ルイージは「ルイージ・マリオ」という事になりますが…これには結構強引な理由が隠されていました。

名前自体はイタリア系アメリカ人を参考に考えられたそうですよ。

しかし、ファーストネームがマリオで「マリオブラザーズ」というタイトルはおかしい!

という鋭いツッコミに「ファミリーネームもマリオだ」と強引に後付けされ、マリオ・マリオが本名になってしまったそうな…

因みに任天堂の公式で出している名前の由来は、アメリカにあるNOA(Nintendo Of America)で働く倉庫係のおじさんがマリオとそっくりだったので名付けられたようです。

 

「マリオ」が世に出た頃は無名だった

彼が世に産み落とされたのは1981年。アーケードゲームの「ドンキーコング」での登場が初となります。

実はこの時、彼にはまだ名前が無く「ジャンプマン」や「ミスタービデオ」、または「おっさん」と呼ばれてたんだとか…

「マリオ」という名前がついたのは続編の「ドンキーコングJr」から。

 

転職経験あり!?「マリオ」の驚きの職業

元々、彼は大工という設定だったのです。

しかしマリオブラザーズで「配管工」の印象が定着してしまった為、公式での設定も配管工に変わったとのこと。

何気に転職経験があったんですね…

 

姉妹版の主人公は「マリア」?本当にあった女版・マリオ

実は1990年に商標登録されたのが「スーパーマリオ・シスターズ」。

なんと主人公は「マリオ」ではなく「マリア」でした。

これは一度プレイしてみたいですね!

オープニングにも可愛い女の子が描かれていたそうです。

スポンサーリンク

ジャンプ力が世界記録に近い!?マリオの高すぎる身体能力

さらにはこんな都市伝説が…

なんと彼の身長からジャンプした距離を計測した人がいたようです。

その結果、飛距離はなんと8メートル

もはや世界記録に近いジャンプをフィールドで何回もこなしていたのです。

彼の身体能力はオリンピックの選手並ですね…

 

シリーズに出てくる「ブロック」の恐ろしい都市伝説

フィールドで何度もマリオに殴られたり、足で踏んずけられる「ブロック」。

実はこれ、元は「人間」だったそう…

これはスーパーマリオブラザーズの説明書を見ると知る事ができます。

ゲーム内に出てくる「ブロック」とは、かつてクッパによって変えられたキノコ王国の住人達だったのです。

マリオがクッパからピーチ姫を助けてハッピーエンドにはなるものの、「ブロック」が救われるシーン等は作中で全く見掛けませんよね。

果たして「ブロック」達は永久に忘れられた存在なのか?

ネットでは議論が尽きず話題になっています。

 

「マリオ」は人間界でも億万長者として有名!?

これはマリオシリーズで「コイン」を集め続けた事で起きたホッコリする話。

アメリカの経済雑誌「フォーブス」では架空の長者番付にて「10億ドルの蓄えを持つ人物」としてマリオが挙げられていたのです。

何ともアメリカらしい粋な企画ですが、彼の知名度を実感出来るおもしろトピックですね!

 

弟・ルイージの名前にまつわる都市伝説

「マリオ」の弟でもおなじみの「ルイージ」ですが…実は彼の名前にも都市伝説がありました。

それは名前の由来が「類似」から来ているのでは?というもの。

兄にそっくりだった為、このような都市伝説が出てしまったのでしょう。

ただしイタリア系の名前から単純に「ルイージ」になったと言う声も根強いです。

今回ご紹介した都市伝説、いかがでしたか?

これらはほんの一部に過ぎず、まだまだ沢山の都市伝説や裏設定が隠されています。

しかしよくよく見ると、どれも初めて知るものばかりという方も少なくないでしょう。

マリオの知られざる裏側をあなたも是非覗いてみてください!

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ