こんなにあった、話すと喜ばれるトイストーリーの都市伝説

ディズニー・ピクサーアニメとしては初の長編映画となった「トイストーリー」。

言うまでもなく大ヒットを記録して続編が登場。

東京ディズニーシーにアトラクションがある程の人気ぶりですよね。

さて、そんな人気映画には都市伝説がつきものですが…

トイストーリーもやっぱり例外じゃありませんでした。

と言うわけで、今回はトイストーリーの意外な都市伝説についてご紹介します。

スポンサーリンク

トイストーリーは製作中止の危機だった!?ウッディの性格にまつわる都市伝説

トイストーリーの人気者と言えば「ウッディ」。

陽気な性格のカウボーイキャラで、映画に登場するキャラクターの中でも1、2を争う存在ですよね。

そんなウッディですが、映画製作の最中。

彼の「異常な性格」が作品に悪影響を及ぼすという説が流れ…

実は発売中止の危機に陥っていたとの都市伝説があります。

それでも映画のストーリーとウッディの存在は切っても切り離せず、止むを得ず性格を改良して中止の危機を免れたようです。

彼の本当の性格ってどんなだったんでしょうね…すごく気になります。

 

まさかの大船!スティーブ・ジョブズはトイストーリーに援助していた

トイストーリースティーブ・ジョブズ

一見関係がなさそうな組み合わせですが、都市伝説によるとスティーブ・ジョブズはトイストーリーの映画製作に投資していたというのです。

実は彼、当時はピクサーの重役(CEO)だったこともあり、その流れで映画製作に5000万ドルもの大金を投じたのだとか…

映画の製作から公開までに巨額な金額がかかると知ったジョブズ。

当初は投資したことを後悔していたみたいです。

しかしその後、映画は予想以上に大ヒット!

彼の資産も大きく増えたので結果は上々だったとのこと。

金持ちが儲けてさらにお金持ちになるとは、まさにこの事。羨ましい限りです。

とは言え、スティーブ・ジョブズの投資がなければトイストーリーの映画製作は実現できなかっただけに、ディズニーファンとしては知っておきたい逸話の1つです。

スポンサーリンク

「トイストーリー」が意外なおもちゃに出演を断られていた!?

トイストーリーといえば様々な「おもちゃ」が登場する映画。

その流れで有名どころのおもちゃも多数出演していますが、都市伝説によればある人形に「出演を拒否されていた」そうな…

その人形とは、誰もが知るあの「バービー人形」。

もしバービーがトイストーリーに出演したらそれこそ話題沸騰しそうなものですが、密かに1作目の出演オファーを断っていたようです。

ただし1度は共演を蹴ったものの、映画のヒットを受けて2作目の出演オファーには快諾したのだそう。

世界的ブランドだけに分かりやすいほど足元を見ていたワケです(笑)

ちなみにバービー人形の発売元は、アメリカのマテル社。

生産元は今でこそ中国ですが、日本が経済復興を遂げる以前は高い技術力と人件費の安さから日本で作られていた時代もあったようです。

こうした裏話が楽しめるのもディズニーならですね!

 

ファンには嬉しい都市伝説!日本のおかげでトイストーリーに再出演が決まったキャラとは?

世界中で話題となった映画「トイストーリー」。

次々に続編が公開されていく中、日本人に人気で続編に登場する予定のなかった「あるキャラ」が見事再登場を果たした…と言った感動的な都市伝説まであります。

それは「リトルグリーンメン」。

名前の通り緑色の体が特徴的で、目が3つある何とも愛くるしいキャラクター。

彼は当初トイストーリーの1作目のみに出演予定で、2作目に登場する予定はなかったとのこと。

そのはずが、リトルグリーンメンが日本で大人気だというのが話題になり、これを知ったピクサーが急遽2作目にも登場させることにしたのです。

何だかほっこりする都市伝説ですね。

トイストーリーは大ヒット映画だけに裏話や都市伝説が尽きないのはもはや定番。

ですがこれだけ多くの続編を持った本作なので、まだまだ都市伝説は尽きそうにありません。

他のネタも是非調べてみてください。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ