となりのトトロ都市伝説、メイは成仏できない地蔵の魂!?

スタジオジブリの看板作品と言えばやっぱり「となりのトトロ」。

心温まるストーリーやサツキとメイの純粋さ、また登場キャラの可愛らしさから今でも多くの愛好者がいます。

人気作品なだけにトトロの死神説や作品のモデルとなった地域など…こと細かな都市伝説も多く存在するのです。

「となりのトトロ」に関する都市伝説は豊富にありますが、今回はその中でもマニアックな内容をピックアップしました!

それは、劇中に登場する地蔵とメイの「ある関係性」についての逸話です。

スポンサーリンク

地蔵の前に座るメイのシーン

トトロの死神説や草壁姉妹の影がないなど…「となりのトトロ」には様々な都市伝説が存在します。

ですが、メイと地蔵には一体どんな繋がりがあるのか?

メイは病気のお母さんにトウモロコシを届けようと病院へ向かうも、途中で迷子になってしまいます。

もはや自分がどこにいるのかも分からず、だんだんと暗くなる辺りを見回して疲れ果てたメイ。

思わず立ち並んだ地蔵の側にむなしげに座り込んでいます。

この場面はサツキがメイを探すシーンで一瞬映し出されるだけですが、その中に「メイ」と描かれた地蔵があると話題になっているのです。

とは言えほんの一瞬なので、少しでも目をそらすと判別できないとのこと。

それ以来「となりのトトロ」に関する都市伝説と相まって「作中でメイは亡くなっていた」との都市伝説が広がるようになりました。

さらに地蔵の影と比べて「メイの影が薄い」ことまで指摘され、ますます都市伝説の信憑性を強めているのです。

 

成仏できない魂となったメイ…

「となりのトトロ」の作中で「草壁姉妹が亡くなっていた」という話…

一部のファンは既にご存知だったかもしれませんが、特にメイの不憫さと言ったらありません。

地蔵の近くで寂しそうに座るメイは「成仏できない魂だった」という都市伝説さえ存在します。

姉のサツキと仲たがいをしてお母さんにとうもろこしを届けようとしたメイ。

都市伝説によると、その後川に落ちて亡くなってしまうのですが…

スポンサーリンク

当初の目的であるお母さんにも会えずに「成仏できない魂となって地蔵の前でさまよっていた」との見方も出来ます。

まだ子供とは言え、暗くなる頃に地蔵が立ち並ぶ場所で1人座るなんて怖いはず。

やっぱり魂が浄化されずに留まっていたと考えるのが妥当なのかもしれません。

地蔵の前で悲しそうに座るメイの表情、それはいつもの元気な姿に対して酷く切なげに見えます。

草壁姉妹が亡くなっていた!? はこちら

 

その後、メイの魂は成仏したという都市伝説

しかしその一方で、「2人とも無事に成仏できた」と言う都市伝説も。

地蔵の側に座り込んでいたメイの元にサツキと猫バスがやって来ますよね。

その後、お母さんにトウモロコシを渡し終えた2人の魂は無事に成仏したと見るジブリファンも少なくないのです。

長いこと座り込んでいたメイがハッと立ち上がり、泣き出した直後にサツキたちが現れています。

このシーンを見ていると「メイの魂がサツキを呼び寄せた」ように見えてトトロ死神説を疑いたくもなります。

都市伝説とは言え、色々と怖い面が垣間見られる「となりのトトロ」。

ジブリ側がこの説を公式に認めた訳ではありませんが、トトロについては他の記事でも興味深い話を紹介しています。

興味があれば是非知ってみてください。

信じるかどうかは、もちろんあなた次第…

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ