ディズニーに秘密の隠れ家!?「クラブ33」の都市伝説

シンデレラ城には有名人しか宿泊できない豪華なホテルルームがあったり、ディズニーの地下には巨大カジノの存在が噂されるなど…

ディズニーには私たちが知りえない秘密がたくさんあると言われています。

その中でも特に噂になっているのが、会員制のお店「クラブ33」の存在。

今回は、このクラブ33についての都市伝説をご紹介します。

スポンサーリンク

ガイドブックにも載らない「クラブ33」の都市伝説

この「クラブ33」、実はカリフォルニアと東京ディズニーランドの2箇所にしか存在しません。

東京ディズニーランドのワールドバザールからアドベンチャーランドへ向かう道にあり、実際に見つけては画像を投稿する人もチラホラ。

ただ、時々入口のカーテンが閉まっており確認できないこともあるのだとか…

さらに「クラブ33」の存在自体がディズニー非公式なので、ディズニーの公式ガイドブックなどにも記載されていません。

その存在を知らないキャストさえいるそうですよ。

 

特別な人しか入れない!?ディズニーの会員制レストラン

「クラブ33」は当初、ウォルト・ディズニーが自身のお客をもてなすために作ったレストランでした。そして彼の死後、会員制のレストランへと変わったのだそう。

それも女優や歌手、モデルなどの芸能人、さらには大企業の社長、大物政治家しか会員になれない非常にハードルの高い隠れ施設なんだとか…

クラブ33の催しもスペシャルなもので、誕生日に来店するとミッキーマウスが直々にお祝いしてくれる程。

非売品や限定品のディズニー記念グッズまで用意され、それらは転売禁止になるほどの貴重品と言われています。

 

クラブ33は「フレンチレストラン」だった!

クラブ33はフレンチレストランであることから、出される料理はフランス料理になります。

実際に食事をした人の感想によると、味はまあまあとのこと。

スポンサーリンク

動画サイトやSNS、食べログなどに実際の料理が掲載されていることもありましたが、今は閲覧不可能だとか。

現在はクラブ33での撮影が禁止されているようです。非公開のレストランだからこそ、マナーやモラルを守る必要があるのでしょう。

 

気になる値段は?入会金や年会費の都市伝説がエグい!

それでは、クラブ33の「会員」になるにはいくら程度の金額を用意したらいいのか?

まず、レストランで食事する分に2万円前後かかると言われています。こちらは、ちょっとお高いフレンチレストランと同等の相場でしょうか。

しかし、大変なのはここから。「入会金を30万円、年会費を10万円払う必要がある」との都市伝説があるからです。

一度は行ってみたいクラブ33。金額的にはかなりシビアみたいです…

 

会員になるまでに「何十年」も待たなければならない?

クラブ33に入る金額も確かに凄いですが、会員になるまでの「道のり」がまた大変なのだそう。

2012年から会員の追加募集を行っているそうですが、それでも予約が20年先まで埋まっているのだとか…

さすが、都市伝説と言われるだけありますね。会員になるのも一苦労どころではない雰囲気です。

 

クラブ33は「紹介者」がいれば入れる

これまでの内容から、「ここに入ることは一生無理かも…」なんて感じた方もいるかと思います。

とは言え…高額な入会金や年会費を払わず、そして長い年月を待たずに「クラブ33をこの目で見たい!」と思った方も多いことでしょう。

そこで今回は、会員でなくても「クラブ33」に入れるとっておきの都市伝説をお届けします。

それはズバリ!既に会員になっている人から紹介を受けること。

特に、ディズニーのスポンサー企業の幹部や大株主にコネがあれば、その紹介としてクラブ33に入ることが出来るのだそう。

こちらのハードルも決して低くはないのですが…あの費用や年月を考えると、だいぶ負担は軽減される気がします。

そんな噂や都市伝説が絶えることがない、クラブ33の存在。ディズニーでとびきりスペシャルな体験をしたければ、ぜひ視野に入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ