ナタネは殺人事件の犯人!?ポケモンの黒い都市伝説

ポケモンダイヤモンド・パールに登場する女性キャラ「ナタネ」。

ゲーム本編では、シンオウ地方にあるハクタイジムのリーダーとして登場しますね。

ナタネの物腰は柔らかく、性格は穏やかで植物とくさポケモンをこよなく愛しています。

一方で、とても怖がりな性格とのこと。

そんなナタネですが、怖がりを克服するためにとある建物に足しげく通っているらしく…

その建物というのが、いわくつきの「もりのようかん」です。

ここは数多くのホラー現象が発生するという、知る人ぞ知るポケモン世界の恐怖スポット。

突然現れては消える少女、赤い目でギョロギョロと見回してくる絵、ゴミ箱に打ち捨てられた毒消しや住人の数と一致しないベッドの数など…

そういった不自然な様子から「もりのようかん」では、以前何らかの事件があったのではないか?

もっと言えば「殺人事件」の存在を示した都市伝説があるほどです。

そして「もりのようかん事件」の真犯人はナタネだったという都市伝説がまことしやかに囁かれているのです。

スポンサーリンク

なぜナタネが疑われているのか?

これは「いあいぎり」が全ての元凶であると言われています。

この技はナタネを倒すことで使えるようになりますが、「もりのようかん」には「いあいぎり」を利用しなければ通れない木が置かれています。

このことから、その木は「ナタネがポケモンを使って設置しており、他の者から遠ざけている」という都市伝説が生まれたのです。

また前述の「怖がりを克服するために、もりのようかんに通っている」という点とこの都市伝説が融合することで、ナタネが意図的に他人を「もりのようかん」から遠ざけているという説が現れました。

つまり、複数の要素と不気味な洋館の印象が絡み合っていたと言うワケです。

これが後に「洋館では殺人事件があり、その犯人はナタネで、真相を隠すために誰も近付けないようにしている」と、少しずつ都市伝説として発展していったのです。

 

ポケモンに新たな都市伝説!ナタネ以外の容疑者とは?

「もりのようかん」殺人事件には、もう一人の容疑者がいます。

それは、ヨスガの洋館に住む男性「ウラヤマ」です。

彼が容疑者に挙げられている理由は明白で、単純に彼の住む洋館が「もりのようかん」に瓜二つであること。

そして「もりのようかん」に設置されていた像とウラヤマの屋敷にあった像があまりにも似すぎていたことが根拠になっているのです。

しかし、個人的にはウラヤマの住む地域であるヨスガが気になります。

ヨスガの由来は特に明らかにされていませんが、「縁(えん)」という漢字はヨスガとも読めるからです。

つまり「もりのようかん」とウラヤマが住む洋館には、何らかの縁があるのではないかと。

実際にいくつか共通点もあるわけで、そもそもポケモン世界には不思議な都市伝説が多いですからね。

 

ポケモン世界が現実世界とリンクしていた!?

ちなみにハクタイシティの位置を実際の「日本地図」に照らし合わせると、北海道の旭川市付近に当たります。

そう、実は人間世界とポケモン世界のエリアは地図で確認すると大きく重なっているのです。

ポケモン世界は「日本の未来」を描いていた!? はこちら

驚くべきことに、この場所には「松扇園」という洋館風の旅館が実在していて、聞くところによると実際に凄惨な殺人事件があったとのこと。

また、アニメ版で声優を務めた本多知恵子は既に亡くなっています。

上記の内容は直接「もりのようかん」の都市伝説とは関連しないものの、ヨスガに不気味さを感じてしまうのは筆者だけでしょうか…

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ