誰かに話したくなる!「ハウルの動く城」に伝わる都市伝説

そのダイナミックなストーリーや声優陣の豪華さが話題となり、2004年の公開から現在でも根強い人気を誇る「ハウルの動く城」。

スタジオジブリの作品はどれも裏話や都市伝説が絶えないものですが、ハウルの動く城も非常に謎の多い作品なのです。

そこで今回は、ふと知り合いに暴露したくなる「ハウルの動く城」の都市伝説をお話しします…

スポンサーリンク

ハウルの動く城の「お城」はどうして動くの?

映画のタイトルにもなっている通り、ハウルや弟子たちが暮らしているお城は動きます。どちらかと言うと女性よりも男性がときめいてしまいそうなこのお城。

ただし「動く理由」について答えられる人はそんなに多くないでしょう。物語の展開が重厚なだけにそれなりの理由を想像してしまいそうですが、ちょっと拍子抜けするような理由でした。

お城が動く理由、それはハウルの「女性対策」とのこと。金髪に青い目、すらりとした長身と…女性なら誰でも憧れる美しい容姿を持つハウル。

美女の心臓を食べてしまう」と言われるほどで、彼自身も色々なところで女性に声をかけては甘い言葉で誘惑しています。

ただ、ハウルは女性には目がない男性。気を抜くと女性があちらこちらから押し寄せて来てしまいます。

彼らの家族までやって来るくらいで、それに懲りた彼がいつでも逃げられるようにと移動する住処を作ったのです。

何か重大な理由があるかと思いきや…まあ彼にとっては、それだけ一大事だったと言うことでしょう。

 

ソフィーとハウルは「命を失う」という都市伝説

「ハウルの動く城」を観ていると、王室お抱えの強力な魔法使い・サリマンが引き起こした戦争にソフィーとハウルが巻き込まれ、色々と騒動があった末に二人は結ばれますね。

無事にハッピーエンドで終わるのですが、一部の都市伝説では「二人とも命を失う」との見方もあるのです…

スポンサーリンク

ホッとするようなハッピーエンドで終わったのに、何故そんな都市伝説が出るのかと不思議に思う方もいるでしょう。この都市伝説のソースは、どうやら原作から来ているようです。

ちなみに物語はジブリのオリジナルではなく、イギリスの作家・ダイアナ・ウィン・ジョーンズによる「魔法使いハウルと火の悪魔」がモチーフになっています。

そこでは、ソフィーとハウルは結果的に命を失う設定になっているのだそう。とは言え、二人は天国に行ってしっかり結ばれるとのこと。あまり悲しい結末ではなさそうですね。

都市伝説から二人の「本当のその後」が気になるのであれば、原作を手にしてみるのもいいかもしれません。

 

ハウルだけじゃない…都市伝説ではソフィーも魔法を使えた!

ハウルやサリマン、荒地の魔女など…個性の強い魔法使いが続々と登場するハウルの動く城。それに対して、ソフィーは非力なように見受けられますよね。

ただし都市伝説によると、何と彼女もヒッソリと魔法を使っているのだそう。

それは「生命を吹き込む魔法」。原作や宮崎駿氏による設定でも、そんな風になっているみたいです。

確かに、サリマンの魔法で「かかし」にさせられた隣国の王子にキスして人間の姿に戻すなど…ソフィーも何らかのパワーを持っていてもおかしくない活躍ぶりでしょう。

ハウルやカルシファーにも物怖じせずに対峙する様子からも、そんな気配すら感じてしまいます。ただ「ハウルの動く城」ではその点の描写はボカされているそう。

 

ハウルの動く城の「戦争シーン」は映画だけ?

このストーリーのハイライトとなるのは、やはり戦争です。劇中でも戦争の悲惨なシーンが次々と現れてましたよね。

ただこちらの戦争シーン。これは映画限定の話で、原作にはないとのこと。宮崎駿氏の強い希望で、ストーリーに戦争シーンが加えられることになったのです。

現に映画と原作とを比べてみると…相違点がボチボチ見られるので驚く人は多いかもしれません。

 

ソフィーが信じた「長男、長女は幸せになれない説」

ここまで色々と「ハウルの動く城」の都市伝説を見てきましたが…何と映画や原作の中にも、いわゆる都市伝説が登場するのだそう。

作中では「迷信」という意味で捉えられていましたが「長男や長女は仕事で出世できない、幸せになれない」との言い伝えがありました。

そのため、派手で美人な妹のレティーと比べてソフィーは地味で消極的という設定があったのです。

カフェの看板娘として活躍する妹を持ちながら「自分は父親の残した帽子屋を継いで慎ましく暮らすしかない」という運命を受け入れたソフィー。

今で言うと都市伝説レベルの迷信ですが、彼女はそれを本気で信じ込んでいたんですね。以上、ハウルの動く城にまつわる裏話をご紹介しました。

原作と照らし合わせても、面白いネタが次々と発覚するかもしれませんよ!

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ