【千と千尋の神隠し】ハクの都市伝説…八つ裂き説はウソ・ホント?

公開から瞬く間に世界的ヒット映画に成長した「千と千尋の神隠し」。

躍動感あるストーリーと美しい景色、そして不思議ながら人間味あふれるキャラクターに感動した方も多いでしょう。

千と千尋の神隠しの主人公である千尋。彼女がたどり着いた世界で大きな助けとなるのが、千尋の雇い主となる湯婆婆の弟子・ハク。

千尋は湯婆婆との契約を果たして無事に元の世界に戻りますが、彼女を支え続けたハクの運命はどうなったのか?

都市伝説ではやはり「八つ裂き説」が濃厚だとされていますが、千と千尋の神隠しを観たファンからは様々な憶測が寄せられています。

今回は都市伝説から、千と千尋の神隠しでのハクの運命について検証していきます。

スポンサーリンク

ハクの「八つ裂き説」が生まれたワケ

都市伝説で度々騒がれる、千と千尋の神隠しのハクの八つ裂き説。この説はどこから現れたのか検証していきましょう。

まず作中において、湯婆婆と対峙するシーンでハクは「お前は八つ裂きになる度胸があるか?」と脅されます。

そこでハクがどんな返事をしたのか、私たちは観ることができません。

ただし都市伝説によれば、千と千尋の神隠しのストーリーを追っていくと八つ裂きにされる運命を受け入れたと捉えることができるそう。

ではそもそも、ハクはなぜ八つ裂きとなる宿命にあったのか?千と千尋の神隠しの物語から、そのいきさつについて考えてみましょう。

 

「千と千尋の神隠し」には何故、八つ裂きの刑があるのか?

この「千と千尋の神隠し」の都市伝説を受けて私たちが気になるのは、どうしてハクが八つ裂きになるような宿命を背負ったのか…ということ。

千尋を絶えず助けるヒーロー的存在であった彼が、一体何をしたというのでしょう。都市伝説によると、そのきっかけは湯婆婆の姉である銭婆の契約印を盗んだことから始まります。

湯婆婆の姉・銭婆は映画の舞台から離れた場所で穏やかに暮らしていますが、姉妹の仲は決して良いとは言えません。

そんな中、妹の湯婆婆の弟子が大事な貴重品を盗みに来るとなれば、誰からの命令であれそれなりの裁きを受けなければならないのです。

また、千尋に対してハクは「両親と一緒に千尋をあっちの世界に戻してあげたい!」と言う気持ちが芽生えて銭婆に頭を下げる結果となったため、それを含めた罰(八つ裂き)とも言えるでしょう。

スポンサーリンク

銭婆はハクを許したが、それでも運命は変わらない

千尋は坊やカオナシたちを連れて、先に銭婆のところに向かいます。

銭婆は湯婆婆と異なり、優しく穏やかな性格だったため比較的あっさりと千尋のことを許し、お茶までご馳走するほど打ち解けていましたね。

しかし彼女はハクの運命について、千尋にこのように告げたのです。

あなたを助けたいけど、私は何もしてやれない。それがこの世界のルールだから。彼氏(ハク)や両親のことも、あなたが何とかするしかない

この世界のルール」と言っている時点で、たとえ銭婆がハクを許したところで何も進展はしない。つまり、八つ裂きになる運命を受け入れるしかないとの意味に取れますよね。

しかし、ハクが千尋を迎えに白竜となって銭婆のところに現れたとき、銭婆は次のようにも言っています。

白竜、あなたのしたことはもう咎めません。その代わり、その子をしっかり守るんだよ

ほんの少しでも希望を見出したいところですが…

 

八つ裂きの都市伝説に対し、ジブリ側の見解は?

このように都市伝説が後を絶たないハクの運命。これに対し、ジブリ側にはどのような意図があったのでしょうか?

実は「千と千尋の神隠し」が世に出た当初、ジブリの公式ブログから次のような記述が見つかったそうです。

ルールには潔く従うべきという世界観から、ハクは湯婆婆から八つ裂きの刑を受ける覚悟があった

だとすれば、もう望みはないのかもしれません。

 

千尋のヘアゴムの輝きは「ハクの涙」?

そんな千と千尋の神隠しですが、「ハクの八つ裂き説」を裏付けるさらなる都市伝説もあります。

千尋は銭婆の家で、宝石でできたヘアゴムを作ってもらいます。それで髪を結び直してそのまま現実の世界に戻っていくのですが、その際にこのヘアゴムが妙に光っているのです。

これは都市伝説だと、その輝きは「八つ裂きになったハクの涙ではないか」と言われています。あくまでも都市伝説ですが、本当だったら切なすぎますよね…

何かと騒がれることの多い、「千と千尋の神隠し」のハク八つ裂き説。ジブリならではの作風を純粋に楽しむためにも、この都市伝説は無かったことにしたいものです。

スポンサーリンク

他にこんな記事も読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ